<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

英独旅行その6

今回は、ピーターラビット作者ビアトリクス・ポターの家があるヒルトップへのフットパスを紹介します。


ビアトリクス・ポターの家は、ウィンダーミア湖の西側にあり、ウィンダーミアの街は東岸にありますから、まずは対岸にわたるフェリーに乗るため、フェリー乗り場目指して歩きました。
その途中、湖岸のお店でソフトクリームを食べました。
ロンドンでもソフトクリームを食べましたが、ウィンダーミアのソフトクリームも同じで、ソフトクリームにチョコレートのお菓子が突き刺してありました。
これがイギリスのソフトクリームの標準なんですかね。


こちらはフェリー乗り場です。
歩行者は一人0.5ポンドでした。


対岸に渡ると、ヒルトップへ行くフットパスの標識がありました。
ちょっと文字が小さくて見えにくいですが、日本語でも書いてありました。


このあたりのフットパスでは、こんな大木が倒れている光景をたくさん目にしました。
大丈夫なんでしょうか。


こんな綺麗な花が植えてあるところもありました。
ここで休憩して、持ってきたサンドウィッチを食べました。


こちらは、もうだいぶヒルトップに近いところです。
最後はこんな広い草原の中に真っすぐ伸びるフットパスを進みます。


こちらはピーターラビットの作者ビアトリクス・ポターが暮らしていた家のチケット売り場案内板です。


ここで大雨が降ってきたので、チケット売り場の隣の喫茶店で雨宿りしました。
この喫茶店からの眺めはとても素晴らしかったです。


こちらがポターの暮らした家です。


こちらはポターの菜園です。
とても小さな菜園でした。


ここでまた大雨が降ってきました。
ポターの家の向かい側の牧場を見ると、羊たちが石の壁のそばに寄り添って雨宿りしていました。

翌日、とてもよくしてくれた宿のオーナーにお礼を行ってから、ウィンダーミアを発ち、小説「嵐が丘」の作者エミリー・ブロンテが生まれ暮らした街、ハワースに立ち寄ってから、マンチェスター空港に行き、デュッセルドルフに飛びました。

ハワースにはブロンテ姉妹の博物館などがあります。一番有名なエミリーは三姉妹の真ん中で、29歳で嵐が丘を書き、30歳で結核を患って亡くなっています。
嵐が丘は復讐劇のちょっと恐ろしい作品ですが、ブロンテ一家はまるで呪われたような運命だったようです。
ブロンテ三姉妹は実は女5人男1人の6人兄弟で、そのブロンテ一家がハワースに来たのが1820年でしたが、翌年に6人の母が癌と結核で死亡し、24年には同じく結核で長女と次女が死亡したそうです。一人息子のため父親から溺愛されたブランウェル(エミリーの1歳上の兄)は、47年に過度の飲酒が原因で31歳で亡くなり、同じ年にエミリーが30歳が亡くなり、翌年に妹のアンも亡くなり、54年に結婚したシャーロット(三女、エミリーの2歳上の姉)も翌年妊娠中毒症のため38歳で亡くなり、最後に残ったのは牧師の父だけだったそうです。まるで呪われたような一家ですね。
イマジン * ヨーロッパの風景 * 12:45 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

英独旅行その5

今回はフットパスではなく、湖水地方の街で見かけたものをご紹介します。


こちらは、オーナーに教えてもらったコインランドリーです。
ドイツの洗濯機と似ていて、ドラム式の洗濯機で、乾燥機は別になっていました。
洗濯コースには、30°、60°、95°などがあり、お湯を使って洗濯するというのも、ドイツと似ていました。


こちらはウィンダーミアの街の中にあった看板です。
大きく、アウシュヴィッツからアンブルサイドへと書かれており、下に湖水地方ホロコーストプロジェクトって書いてありました。
アンブルサイドというのは、ウィンダーミアから北に5マイルほどのところにある街で、大きなお店がある中核都市です。
この街でホロコーストに関する活動がされているみたいですね。アウシュヴィッツからって書いてあるので、間違いなくドイツが第二次世界大戦中に行ったホロコーストのことを指していますが、今の時代にイギリスの湖水地方の街で、いったいどんな活動をしているというのでしょうね。


こちらは、アンブルサイドの街で見かけた石橋とその上に建つ建物です。
何のための建物なのかよくわかりませんでしたが、住んでいるようでもなかったので、公民館のような公共施設かもしれません。
ところで、写真には2つの石橋が写っていますが、ここで川を90°曲げていました。
土地のある場所でもこんなことをしているんですね。


こちらは、アンブルサイドで食べたフィッシュ&チップスです。
手前がビッグでたしか6ポンド、右がスモールで4.5ポンドくらいだったと思います。
左と奥はキッズメニューです。
ビッグは食べきれなかったので、ポテトをテイクアウトしました。


こちらは、ウィンダーミアで見かけた時計台です。
けっこう古そうな感じで、およそ2m角の柱状でしたので、例えば、中が公衆トイレになっているみたいな時計以外の目的は何もないようでした。記念碑的なものかもしれません。
周りに家は少ないところに建っているので、誰のための時計台なのか、何のために造ったものなのかよく分かりませんでした。

次回も湖水地方です。
イマジン * ヨーロッパの風景 * 05:48 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

英独旅行その4

Man.Uで香川グッズを買い込んだら、いよいよ湖水地方に出発です。
ボルトン、ブラックバーンなどプレミアリーグのクラブのある街の名の標識を通り過ぎながら2時間ほど車を走らせると、湖水地方の玄関口にあたるウィンダーミアに着きました。
予約していた宿泊先に到着すると、とても明るく元気な女性が、ここは私の家なんだって言って各部屋を案内してくれました。シャワー、コンロ、オーブン等の使い方を教えてくれた後、DVDを貸してあげるからついておいでと言って、母屋に案内していただいて、彼女の持っているたくさんのDVDの中から、ハリーポッターとライオンキングとマダガスカルの3つを貸してもらいました。
それから、フットパスの地図をもらったり、レンタサイクルやコインランドリーの場所を教えてもらったりしました。


翌朝は彼女のイチオシというオレストヘッドという丘に登ることにしました。
こちらがスタート地点です。


フットパスが始まるところには、こんな案内が出ていました。
しかし、よく見ると、このフットパスは行き先がオレストヘッドになっていません。
私はここを左に進みかけたのですが、妻はよく見ていてこれは別ルートのフットパスだから、オレストヘッドは右のルートだと確認してくれました。


オレストヘッドへのフットパスは、緩やかな上り坂が続いて、時々こんな風にウィンダーミア湖が見えました。


フットパスの途中には、こんな急な斜面のところに牧場兼農場がありました。


30分ほどでオレストヘッドの頂上に到着しました。
こちらはウィンダーミア湖の北端付近の眺望です。


こちらはウィンダーミア湖の真ん中辺の眺望です。
ウィンダーミア湖は、南北に17kmもある氷河湖で、たしかにノルウェーのフィヨルドに似ているところもあります。南北にとても長いので、オレストヘッドからは南の端までは見えません。
でも、オーナーがイチオシだということだけあって、本当に素晴らしい眺望でした。


オレストヘッドからは元の道を戻るか、反対側へ進むかしかありません。
後者は2時間コースのフットパスだと書いてあったので、少し迷ったのですが、同じ道を戻るのはもう一つなので奥地へ進むことにしました。
丘の裏側に下りていくと、こんなゲートがありました。バネで扉を一方向に押しつけておくようになっているので、動物は通れないようにしてるんですね。


さらに進んでいくと、こんな小川を見つけました。


ここでこんなザリガニを見つけました。
と、ここまではとてもよかったのですが、この辺りからどうも道を間違えてしまったようで、目指していた目的地の名が案内板に出てこなくなり、持っていたフットパスの地図にはない地名ばかり出てくるようになりました。
それでも太陽の位置を確認しながら、およその位置を把握しつつ、フットパスを歩き続けました。


2時間ほど歩いていくと、こんな綺麗な家を発見しました。
ここからは徐々に家が増えてきて、結局3時間は歩いたでしょうか。ヘトヘトになりながらもウィンダーミアの街に辿り着きました。
この日は、近所のスーパーで食材を買ってから宿に帰り、貸してもらったDVDを鑑賞しました。

イマジン * ヨーロッパの風景 * 21:58 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

英独旅行その3

Euston駅を出て約2時間でManchester Piccadilly駅に到着しました。


Man.Uに移籍した香川に会えるかもしれないと思い、ワクワクしながら、キョロキョロと周りを見回しながらレンタカー屋さんまで歩きましたが、香川には会えませんでした。
後で知ったのですが、この頃、香川は日本代表の試合のため札幌に行っていたので、マンチェスターで会えるはずはありませんでした。


レンタカー屋さんに向かう途中、こんなゴミ箱を見つけました。
六角形のスペースに3種類の分別したゴミ箱を組み合わせてありました。
そういえば、イギリスではビンやペットボトルのプファンド(昔、日本でもやっていたビン代)をやっていないようでした。分別ゴミとして扱っているということは、たぶん、リユースではなく、リサイクルなんでしょう。ドイツの方が進んでいるようです。


ゴミ箱からさらに少し行くと、歩道横の壁に窓があり、こんな鋳物の絵がはめ込まれていました。
何を表しているのか分かりませんが、とてもオシャレでした。
この窓の向こうには運河が見えました。


こちらが、窓の先に見えた運河です。
ここもとても綺麗で、ブレーメンやデュイスブルクで見た風景を思い出しました。
レンタカー屋さんはこのすぐ横にありました。
私が頼んでいた、普通のセダンのオートマ車は、間違えて別の人に貸してしまっていたようで、ずっと高級なボルボのオートマ車を同じ料金で借りられてラッキーでした。
車に乗り込み日本から持参していたカーナビのキヨシくんをセットしたところ、キヨシくんは動くのですが、電源コードが断線しているようで、電源を入れても10秒くらいで電源が落ちてしまう状態でした。困ったなあと思い、レンタカー屋さんでカーナビを追加レンタルしようと思ったら、ボルボにはカーナビがついていました。これまたラッキーでした。


カーナビにMan.Uをセットして、さっそく向かいました。
すぐにスタジアムに到着しました。


ショップに入ると、Man.Uの新しいユニフォームがずらりと並んでいました。
その中に、香川のユニフォームもありました。
かなりたくさんありました。売れ筋なんでしょう。
逆に可哀想だったのが、パクチソンのユニフォームでした。すべて、20%オフのディスカウントコーナーに移されていました。


ユナイテッドのミュージアムにも行ってきました。
8人のレジェンドが並んでおり、一番左はベッカムでした。
ベッカムがあってロナウドがぜここにないのか分かりませんが、もしかしたらベッカムの隣に香川が並ぶ日が来るかもしれませんね。


こちらはミュージアムの隣にあるレッドカフェです。
まだ香川の椅子はありませんでした。
次に来る時はきっとあるでしょう。

次回こそは、湖水地方をご紹介します。
イマジン * ヨーロッパの風景 * 07:02 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

英独旅行その2

英独旅行の2回目です。


ロンドン3日目は、まずは朝からEuston駅に行って日本からネット予約していたマンチェスター行きの特急券の発券手続きをしました。このチケットは、家族4人でたったの40数ユーロ(正規料金の1/5くらい?)と破格の安さでした。Euston駅の壁には、オリンピック種目のイラストが描かれていました。


発券手続きが済んだ後、歩いて大英博物館に行きました。
Euston駅から大英博物館までの道は沿道の家が花を飾ったりしていて、とても綺麗でした。


こんな風に玄関横や窓辺にちょっと花が飾ってあると、歩いている人にとってはとても楽しいですね。


10分ほど歩くと、大英博物館に着きました。


ロゼッタストーンが2階に展示されているものと勘違いして階段を上ると、なんと前日に閉会したばかりのロンドンオリンピックの金メダルが飾ってありました。


2階にロゼッタストーンがなかったので、パンフレットでもう一度確認したら1階だとわかり、階段を下りてロゼッタストーンを見に行きました。
想像していたよりもしっかりと文字が刻まれていました。


ロゼッタストーンのすぐ右側にはラムセス2世の像がありました。
エジプトのメンフィスで見たラムセス2世の倒れた像もそうでしたが、ラムセス2世は端正な顔立ちをしていますね。

モアイ像も見たかったのですが、時間がなかったのでお土産だけ買って早々に引き揚げて、マンチェスターに向かいました。
湖水地方のことを書くつもりでしたが、今回はロンドン編の続きで終わってしまいました。
次は、マンチェスターと湖水地方に続きます。
イマジン * ヨーロッパの風景 * 07:32 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

英独旅行その1

久々のブログです。
お盆休みを利用して1年4か月ぶりにヨーロッパに来ています。
行きの飛行機は、ソウル経由のロンドン行きにしました。
ソウル空港では、ほんの2時間ほどの乗り継ぎ時間でしたが、私にとっては初の韓国でしたので、空港内も新鮮で楽しかったです。
知っている韓国語は何かないかなって必死に考えましたが、アンニョンハセヨーのほかは、なぜか
「イエ、チューナー」
しか浮かびませんでした。


こちらは、空港内の民芸品店のところで歌っていた方です。


こちらは、レストランのショウウィンドウです。
韓国料理のほかに、カレーやラーメンなどの日本の定番メニューが並び、韓国語と日本語と英語で表示されていました。
私はビビンバを食べました。


10数時間の飛行を終えて無事にロンドンのヒースロー空港に到着すると、すっかりオリンピックモードになっていました。


こちらはヒースロー空港の駐車場。
Olympic Family transport という予約された駐車スペースがたくさんありました。
オリンピック関係者専用の駐車スペースということでしょうか。
ヒースロー空港からホテルまでは友人が車で送ってくれました。
ありがとうございました。
とても助かりました。


翌日はオリンピック最終日。
男子マラソンを観戦するため、ビッグベンの前に陣取りました。


こちらは先頭集団。
日本選手を応援しましたが、残念ながらメダル獲得はできなかったようです。


ビッグベンの周辺の道路はマラソンコースとなっていて、横断できなくなっているところが多かったため、ウエストミンスター駅の地下道を使って道路を横断しました。
テムズ川のほとりには立派な騎馬像がありました。


ビッグベンの前の橋でテムズ川を渡りました。


この橋は、橋の途中に折り返し地点が設けられていました。


こちらは、ビッグベン側からロンドンアイを見たところです。
手前には河港がありました。
テムズ川にはこんな河港がたくさんあり、水上交通が発達しているのがわかりました。
日本ではなぜ水上交通が発達しないんですかね。


こちらはロンドンアイを真下から見上げたところです。
ロンドンアイはとても混雑していて100mほどの行列ができていましたが、1つのゴンドラに24人も乗れるため、行列の進む速度は速く待ち時間は10分ほどで乗ることができました。
ところで、ロンドンアイを間近で見て驚いたことがありました。自転車でいうスポークのところがロンドンアイではすべてケーブルになっていました。
お客さんの乗る輪の部分と回転軸とは剛な部材ではつながっておらず、スポーク状に配置されたケーブルによってつながっている状態になっていました。ケーブルにはかなり大きな張力が導入されているものと想像されますが、軸と輪の間の剛性が低いので、たぶん強風時には他の観覧車よりも大きく揺れるのだろうと思いました。
この構造を見てしまうと、風の強い日にロンドンアイに乗るのは怖くなってしまいます。


こちらは、ロンドンアイから北の方を見た様子です。
既設道路橋に歩道添架をした形式でしたが、その添架形式がとてもユニークでした。
河道中央付近には新たな橋脚を設けずに既設橋脚に張出しを設けて梁上にタワーとバックステーを設置した斜張橋形式で歩道を設置していました。河岸に近い第一橋脚の位置には新設の鋼矢板井筒基礎の上にタワーを設けた橋脚が設置されていました。
非常に無理のある構造形式を採用してまで河道中央付近の橋脚を省略したのに、側径間には大きな径の井筒基礎が水上までそのまま真っ直ぐ立ち上がっているギャップに、違和感を感じました。
この井筒基礎が許されるなら、無理して橋脚を省略する意味ないだろうって思いました。
私の想像では、先に斜張橋にしたいというのがありきで、設計を始めてみたらどうも側径間がうまくいかなくなって、当初計画にはなかった鋼矢板井筒基礎による橋脚を追加することにしたんじゃないかって思いました。


こちらは、ロンドンアイから南の方を見た様子です。
残念ながら、ここでデジカメの電池が切れてしまいました。
ロンドンまでの移動はとてもスムーズだったんですが、イギリス用のコンセント変換機を忘れたり、ドイツで使っていた携帯を持ってきたのに使えなくなっていたり、カーナビを持ってきたら本体は動くけど電源コードが断線していて動かなかったりとたくさんのいろいろなミスをしています。
かなり行き当たりばったりな旅行になっていますが、今のところなんとかなっていて旅行を楽しめています。
次は湖水地方です。
イマジン * ヨーロッパの風景 * 06:09 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

リフティング560回!

最近、ニュースを見ているとガッカリさせられることが多いのですが、今日は我が子が目をキラキラさせてすごいニュースを知らせてきました。
リフティング560回!
って、すごいニュースでもないか。
昨日までの記録は195回で、なかなか200回できないって言っていたのが、
一気に500回突破!
今日はとてもいい天気だったし、春休みになって、まとまった時間、集中して練習できているということもあるのでしょう。
ドイツから帰ってきてちょうど一年が経ちましたが、一年前は10回くらいしかできなかったのですから、すごい成長だと思います。
イマジン * 家族・家・働きかた * 20:32 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

ドルトムントの2連覇が見えてきました!

今日は2位のバイエルンが負けて、首位のドルトムントが勝ちました。
香川のゴールもありましたね。ドルトムントにとっては最高の一日になりました。
バイエルンとの勝ち点差は7に広がり、いよいよドルトムントの2連覇が見えてきました。
明日、3位のメンヒェングラッドバッハが勝てば、2位に浮上してドルトムントとの勝ち点差は5となります。
そうなれば、私の好きな2チームでの優勝争いという最高の形になります。
ドルトムントもメンヒェングラッドバッハもガンバレ!
イマジン * - * 04:20 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

ブログが復活しました!

 2週間ほどブログが表示されなくなっておかしいなと思いつつ、サーバーの調子が悪いのかな、そのうち復活するだろう、なんて呑気に考えてたら、ドメインの契約が切れていました。
サーバー契約は切れていないことを確認していたのですが、ドメイン契約が切れているとはなかなか気がつかず、危うくドメインを失うところでした。
幸い期限切れドメインの保持期限内だったので、他の方にドメインが渡ることなく、契約更新できました。
この間に訪問してくださった方には、たいへんご迷惑をお掛けしました。
心よりお詫び申し上げます。
イマジン * お知らせ * 23:27 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

後半戦開幕! メンヒェングラッドバッハがバイエルンを撃破!

ドイツブンデスリーガ後半戦の開幕を飾るボルシア・メンヒェングラッドバッハ対バイエルン・ミュンヘンの試合が昨日ありました。
思えば、前半戦の初戦もこのカードでした。そして、アウェイのMグラッドバッハが優勝候補のバイエルンを撃破し、ドイツのサッカーファンをあっと言わせたのが、今シーズンのスタートでした。
そのMグラッドバッハがまたもやミュンヘンを撃破しました。それも3対1という圧勝でした。
弱小チームが金持ちの有名選手寄せ集めチームを撃破するって痛快ですね。すかっとしました。

このMグラッドバッハの快進撃の原動力となっているマルコ・ロイスは、来季はドルトムントに移籍します。香川とロイスの攻撃はぜひ見てみたいですね。
イマジン * 娯楽・サッカー * 23:39 * comments(4) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ