<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< フルークハーフェン橋がエルヴィン橋に? | main | インターネットが使えない >>

ドイツの自転車交通(ズバリ改訂版の新コラム)

今年の技術士筆記試験問題の分析をしていると、「道路」と「都市計画」の2科目で、自転車交通に関する非常によく似た問題が出題されていることに気がつきました。しかも、どちらの科目でも過去に自転車交通が出題されたことはないように思われます。それだけ今自転車が注目されているということでしょうね。
私もこのブログで何度かドイツの自転車交通をご紹介し、日本の自転車交通の課題や目指すべき方向性などについて私見を書いてきました。そして、ちょうどいま、ズバリ!技術士新制度「建設部門」の攻略法の改訂版の執筆作業を進めておりまして、ドイツの自転車交通についてもちょっと紹介しておきたいなと思い、初版本にはなかった新コラムを1つ追加することにしました。
本当はもっと写真を入れたり、ドイツでの具体事例に対する私の分析をつけたりもしたいと思ったのですが、本のバランス上、1ページにまとめるのがいいと思って、ドイツの自転車交通の現状を私の視点で6点だけご紹介することにしました。ただ、この6点だけでも、日本とドイツの違いについて考えるヒントはたくさんあると思います。

平成20年度 「道路」の専門論文で出題された問題
近年、その特性から自転車交通が見直され、自転車利用の機運とともに自転車を取り巻く安心・安全な交通環境を求める声も高まっている。その背景及び現状の課題についてそれぞれ述べ、これらを踏まえて自転車を考慮した道路空間の実現に向けた取り組みについて、あなたの考えを述べよ。

平成20年度 「都市計画」の専門論文で出題された問題
我が国の都市において、自転車は交通手段として重要な役割を果たしているが、特に最近、市街地において自転車の利用に配慮した交通環境を整備すべきであるという議論がなされている。このような議論がなされるようになった社会的背景を指摘したうえで、自転車利用の観点から現状の交通環境の課題とその解決方策を述べよ。

コラム ドイツの自転車交通
 平成20年度の技術士試験では、「道路」と「都市計画」の2科目で、自転車交通が出題されました。環境負荷がほとんどなく、健康にもよい自転車が、いま注目され、そのありかたが見直されようとしています。今私の住んでいるドイツは自転車がしっかりと社会に根付いています。日本が見習うべき点も多いので、少しご紹介します。
ー蟾膺
 ドイツ人は必ず手合図をしています。右に曲がるときは右手を、左に曲がるときには左手を水平に伸ばし、自分の進行方向を車に知らせます。特に、左折(右側通行なので、日本の右折に相当)するときは、車と同じように車道の真ん中を通りますので、後続車に確実に意思を伝えないと、自分の身が危ないからということもあるでしょう。
∋劼匹發離悒襯瓮奪箸抜
 ドイツの子どもは9割以上がヘルメットをかぶって自転車に乗ります。そして、自転車の後部には高さ1mほどの棒が立ててあり、その先に旗をつけて目立つようにしています。これは義務ではなく、習慣だそうです。とてもいい習慣ですね。
親から子への交通ルール教育
 ドイツでは親子が縦列で自転車に乗っている姿や子どもに交通ルールを教えている光景をよく見ます。大人も子どももみんなしっかりとルールを守る社会ができている秘訣は、ここにある気がします。ただし、10才未満の子どもは交通ルール上歩行者扱いです。
っ麥悒泪福
 日本と違い、ドイツでは放置自転車は問題になっていません。大型スーパーが少なく、小売店がたくさんあって、その前に数台分ずつの駐輪スタンドが置かれていますので、自転車が一カ所に集中しにくくなっています。それでも駅や大学の近くには集中しますが、放置自転車は容赦なく撤去されるので、駐輪ルールがしっかりと守られています。
ゼ転車の利用環境
 ドイツは自転車道がよく整備されていて、車と自転車と歩行者が、それぞれ定められた所を通っています。自転車の通行帯は赤く着色され、交通量の多い市街地では、進行方向まで路面標示されています。もちろん自転車専用の通行帯のない道路もたくさんありますが、車の速度が抑制(制限速度30km/h)されていて、無理な追い越しやクラクションを鳴らす車もいません。だから、安心して自転車が車道を通ることができます。また、新幹線など一部を除いて電車やバスに自転車を持ち込むことができます。
取り締まりと罰則
 日本もドイツも実は法律(道路交通法)はほとんど同じです。異なるのは運用です。ドイツは道交法が順守されていて、取り締まりも行われています。自転車の歩道通行、逆走、無灯火、運転中の携帯電話などは10〜30ユーロの罰金が科せられます。
イマジン * ドイツの道路 * 07:12 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ