<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 北京オリンピック | main | 金持ちアラビアン、デュッセルに現る! >>

恵光寺での入園式

今日は恵光幼稚園の入園式でした。そう、恵光幼稚園というのは以前にご紹介した恵光寺にある幼稚園です。
ドイツの夏休みは1カ月ほどで日本よりも短く、夏休みの期間はドイツ国内の夏休みが重ならないように州ごとに少しずつずらしてあると聞いたことがあります。ここノルトラインヴェストファーレン州では、先週で夏休みが終わり今週から新学期が始まりました。
この幼稚園は、縦割り学級制(学年ごとの学級ではなく、3〜5歳の子どもが均等にいる学級)を採用していて、日本人10人とドイツ人10人という縦割り学級が3クラスあって、合計60人の子どもが通う幼稚園です。日本人とドイツ人の児童数も均等にしてあるので、入学式も4月と8月の年2回あります。
日本人の子どもは4月に入ってくる場合が多いせいか、今日の入園式では、新入園児の半分以上がドイツ人の子どもでした。
入園式は、9:30から恵光寺で行われました。恵光寺の本堂に入るのは今日が初めてでした。ドイツにいるのに日本のお寺のなかにいるというのは不思議な感じでした。そして、ドイツ語と日本語の二カ国語で進められる式のなか、ドイツ語の歌、日本語の歌、さらには、ナムアミダブツ・・・ととても不思議な体験をしてきました。
今日は園長先生の話を聞くこともできました。園長先生の話によれば、恵光寺の完成は1999年で、園長先生は3代目だそうです。以前にこのブログで恵光寺を紹介したとき、花さんから「20年程前に父がこの建築に携わりました」というコメントをいただいていたことを思い出して、「ちょっと合わないな」と思いつつ、帰宅後ネットで情報収集してみました。すると、どうやらこの恵光寺の建築には12年もかかったようです。これなら合いますね。今日の話では1999年に完成ということでしたが、すべてが完成したのは2000年らしく、落成式典が行われたのは、2000年6月のようです。
来年か再来年に10周年を迎えるということなので、また何か式典が行われるでしょう。楽しみです。


イマジン * ドイツの風景 * 01:28 * comments(4) * trackbacks(1) * - -

コメント

恵光寺の写真拝見しました。立派ですね。日本より日本的な庭があったりして・・(笑)。写真では周囲にドイツの建物が見当たらないので、まるで日本での写真のよう・・。

恵光寺という名前の御寺は京都や八尾市などにあるようですが、浄土宗、浄土真宗のお寺でしょうか。IntPE
Comment by kmatsu改めIntPE @ 2008/08/14 8:49 AM
恵光寺は本当に洗練されていると思います。日本にもこんなに綺麗なお寺はそうそうないと思います。
ここデュッセルドルフは建築ではかなり有名なところみたいなので、日本の建築士や職人さんたちも「負けないぞ!」って対抗意識が働いたのかもしれませんね。
日本庭園もありますよ。写真に写っている本堂の前の庭だけでなく、本堂の裏にもあるそうです。通常は入れないので、私もまだ見たことがありませんが。そして、庭師さん?がよく手入れをしているので、常に美しさが維持されています。本当にすごいと思います。
Comment by イマジン @ 2008/08/15 5:31 AM
たまたま検索で見つけて読ませてもらいました。
私の息子たちは、日本の恵光幼稚園を卒園しました。
息子の担任だった先生も、ドイツに赴任していました。
懐かしさと、うれしさのあまりコメントを残させてもらいました。

久しぶりに恵光寺の境内に行ってみたくなりました。
Comment by tomo @ 2009/12/15 11:19 PM
tomoさん、こんにちは。
恵光寺の境内は、洗練された美しさですよね。私も大好きです。

ところで、日本の恵光は、「けいこう」って読ませているんでしたっけ。
デュッセルドルフの恵光は、「えこう」って読ませています。
Comment by イマジン @ 2009/12/16 6:01 AM
コメントする









トラックバック

生徒の学ぶ意欲を高揚させ… ホレース・マン

生徒の学ぶ意欲を高揚させずに教えようとする教師は、冷たい鉄をつち打っているにすぎない。
From 名言ブログ @ 2008/09/12 8:11 PM
このページの先頭へ