<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ミュングステナー橋 | main | ドイツの道路:ラウンドアバウト >>

ドイツの道路:ロータリーとハンプ

今日もドイツの道路についてご紹介します。


これは、小さなロータリーです。欧米ではラウンドアバウト(この例はちょっと小さいですが)というと、日本では聞いていましたが、ドイツでどのように呼ばれているかは知りません。
ロータリーというと、日本では駅やバスターミナルくらいにしかありませんが、欧米には多いと聞いていました。ですが、ここデュッセルドルフではあまり見かけません。私が唯一みつけたのが、この小さなロータリーです。ただし、このロータリー、なかなか工夫されているなと思ったので、ご紹介することにしました。
下の写真を見てください。


これは、ロータリー側から撮った写真です。
この枝道には、ハンプ(凸部。この場合、上がるだけだからマウントアップといったほうが正解かな)が設けられています。実はメインストリートから、このロータリーに入ってくるところにもハンプが設けられていて、この写真の枝道はメインストリートから見ると二段上がった形になっています。
このロータリーに接続する4本の枝道は、メインストリートと接続する道、幼稚園等に接続する道(上の写真)、公園(以前にご紹介したインディアンプラッツ)に接続する道、10戸ほどの住宅に接続する道、の4本になっていて、いずれも通り抜けはできない行き止まりの道です。
幼稚園や公園につながる道路なので、最徐行を促すために、このような手の込んだデバイスを採用しているんですね。
十字交差でもいいところですが、ロータリーを用いることで、死角が少なく、すれ違いも容易になっています。ロータリーにはこういう使いかたもあるんですね。ハンプの組合せかたも上手です。


こちらは道路とは関係ありませんが、上記の幼稚園と一緒にある恵光寺というお寺です。すごく奇麗ですよね。私のお気に入りの場所の1つになっています。ちなみに、ここにある幼稚園の名前は、恵光幼稚園といいます。


少し脱線しましたが、元に戻ります。
こちらは、ハンプです。日本のハンプと同じように住宅地内(コミュニティーゾーン)の道路に設けられているものです。使いかたは日本と同じですが、色彩が違いますよね。日本のハンプは、赤や青などとても目立つ原色に塗られているものがほとんどですが、こちらのハンプは目立ちません。
ハンプはドライバーに不快感を与えることで速度を抑制するためのものですので、遠くからでもドライバーに視認しやすくカラー舗装にする必要はないと思いますね。メンテナンスや景観を考えてもこれでいいと思います。日本はちょっと凝り過ぎているんじゃないかな。


イマジン * ドイツの道路 * 03:46 * comments(4) * trackbacks(0) * - -

コメント

イマジンさん、こんばんは。
ドイツの道路情報ありがとうございます。
サッカーの欧州選手権、ドイツは残念でしたね。新婚旅行でスペインに行った私は、スペインもドイツと同じくらい好きな国なので、ドイツがんばれ!!スペインがんばれ!!でしたね。
さて、ラウンドアバウトですが、京都市桂坂の住宅街の真ん中に大きなものがあります。これはバスなども走るため中央円形の芝生の所でキャッチボールができるほどの大きな円の周りをまわっています。
また、私が住んでいる高槻市の南平台という住宅地にも小さなランドアバウトがあります。こちらは三叉路で交通量も少なく主交通方向と従交通が明確なため、半径3m程度の小さな円で十分かもしれません。
そうそう豊岡河川国道(わかる人にはわかる)の近くにも大きなラウンドアバウトありましたよね。
Comment by まちかど探検隊 @ 2008/06/30 11:05 PM
実は、欧州選手権は観れませんでした。残念!
数年前にオーストラリアに行った時は、高速道路のインターチェンジのサークルをそのままRAにしているものが結構ありました。
あれは賢いと思いましたね。直径を大きくすることで交通容量を拡大できますので、複雑に入ってくる交通量を平面交差で一発で捌くという発想はすごく面白いと思いました。
橋梁やボックスカルバートなどの構造物がいらないので、建設費は相当に抑えられたでしょう。
日本では何でもかんでも立体交差のような感じがしますが、RAはコツをつかめば日本でも有効に活用できる技術ではないかと思い、注目しています。
豊岡のRAは懐かしいですね。RA内に停めてよく出石そばを食べていました。帰国してから豊岡には行くと思います。
Comment by イマジン @ 2008/07/01 1:58 AM
恵光寺というキーワードでたどり着きました。
20年程前に父がこの建築に携わりました。
いつか父が建てたこのお寺を見に行くのがあたしの夢です。
とてもキレイな写真ですね。
いきなりのコメントですみません。
このページを見つけたことがとてもうれしかったので…

Comment by 花 @ 2008/07/08 11:36 PM
花さん、はじめまして。
すごいですねえ。
まさか、恵光寺の建築に携わった方のご子息の方にこのページを読んでいただけるとは、想像していませんでした。
「とてもキレイな写真」だとコメントをいただいていますが、実物は写真よりもずっと奇麗ですよ!ぜひ、見に来られるといいと思います。
10月下旬から成田空港〜デュッセルドルフ国際空港間の直通便の運航が始まるので、すごく便利になります。
ただ、恵光寺の美しさは、日本建築の構造美だけでなく、庭園との調和が醍醐味ですので、春〜夏頃に来られることをお勧めします。ドイツで花見なんておしゃれじゃないですか。
Comment by イマジン @ 2008/07/11 4:54 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ