<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 自転車の罰金 | main | ドイツの自転車交通2 >>

ドイツの自転車交通


デュッセルドルフの市街地の写真です。
台車を押して歩いているのは、郵便配達の方ですが、それはおいておいて。今日は、まちかど探検隊さんのリクエストにお応えして、ドイツの自転車事情について書こうと思います。
デュッセルドルフでは、自転車の通るところが車道側にある場合は、だいたいこの写真のように路面標示されていて、進行方向がはっきりと示されています。そして、交差点内でも流入から流出に向けて、しっかりと誘導標示されています。自転車のことをよく考えた道路構造になっていますね。日本の道路とは大違いです。
標示されているマークは、日本の横断歩道の自転車横断帯のところに標示されているマークとほぼ同じですが、意味は全く違いますね。ドイツは自転車道のベクトル標示、日本は横断歩道での自転車の横断位置の標示です。

あ、そうそう、自転車の話から脱線して申し訳ないのですが、この写真がわかりやすいので、1つ、いや2つ説明させてください。
1つめは車の停止位置の話です。ドイツの車はほぼ完全に停止線の位置での停止を守っています。これは、停止線よりも前で止まると歩行者の死角ができて危ないとか、大型車が曲がってくるときに曲がりきれなくならないように控えているとか、そういった理由でドライバーが自主的にルールを守っているのではなく、ルールを守らざるを得ないからです。
信号機を見てください。交差点の向こう側(流出側)には信号機はありません。停止線のすぐ前(というか上)にしか信号機はないんです。だから、停止線よりも前にでてしまうと、信号機が見えません。しかも交差方向の信号機を覗こうと思っても、それも見えません。だから、停止線のところで止まって、じっと自分(交差点流入部)の信号機を見て待つほかないのです。
実に合理的だと思います。さすがはドイツ人!

それと、2つめですが。実は1つめの話と密接に関わっているのだろうと思うのですが、信号現示が日本とは違います。写真では赤と黄色が点灯していますが、これは赤から青に変わるところです。日本の信号は、青→黄色(やや長い)→赤→青・・・と変わっていきますが、ドイツの信号は、黄色(短い)→青→黄色(やや長い)→赤→黄色(短い)・・・と変わります。赤の次に、一瞬黄色になるのです。
ドイツ人はハンドルを握ると人格が変わると言われています。赤から黄色になった瞬間に、ほとんどの車が発進します。見切り発進です。青になってから少し発進が遅れただけでよくクラクションを鳴らされますが、たぶん、ドイツ人は黄色から青になったときには、すでに発進してるのが普通だと思っているためでしょう。日本人の感覚だと、ちょっと危ない感じがしますが、青から黄色に変わる時は、逆になります。ドイツ人は黄色で交差点に入っていくことがほとんどありません。すぐに止まります。日本人は、黄色になったらブレーキではなく、アクセルを踏む人も多いですよね。この辺り、国民性の違いを感じます。ちなみに、日本人はよくこれ(黄色で交差点に流入)をやって、信号無視を取られるようです。


こちらはうちの近くにある比較的大きな道路です。バス路線になっています。
この写真のように自転車の通行帯が歩道側にある場合は、路面が赤に着色されています。しかも、律儀なドイツ人らしく、植栽帯の土のところまで着色されています。ただ、利用者の立場からすると、植栽帯のところは小石が敷き詰めてあって、自転車のタイヤが横滑りして危ないので、ここは通りたくありません。この写真にも自転車に乗ったドイツ人女性が写っていますが、着色されたところではなく、歩道のところを走っています。これは、植栽帯ですべるのを嫌ってのことでしょう。それでも、歩行者がいる場合は、ちゃんとこの赤いところを走っています。


この写真もうちの近所で、Uバーン(地下鉄)が地上を走行している大きな道路です。
私が立っているところは、自転車の通行帯ですが、この交差道路の向こう側では歩道が狭くなって、自転車の通行帯が歩道部にはありません。自転車通行帯が車道側にシフトしているところです。この先、自転車は車道側を走ってね。という合図を送るために、写真手前のところで自転車通行帯をカーブさせて、自転車を車道側に送りだすような構造にしています。
おそらく、日本の技術者が設計したら、写真手前のところではカーブさせずに、真っ直ぐにしておいて、交差道路(1段下がったところ)におりてから、(自転車が自由に走行して)車道側にシフトしてもらえばよいと考えると思います(違いますか、まちかど探検隊さん。ここは道路設計のプロの意見を聞きたいですね)。
ちなみに、ここに関しては、車道側にシフトして走っていく自転車はほとんど見たことがなく、皆さん狭い歩道のほうに走って行ってます。ここは車道の車線幅が狭くて、自転車が車道に出ると、完全に車の通行を止めてしまいます。自転車の運転者自身もかなりの恐怖感があるでしょう。わかりやすく言うと、日本の道路の状態になっているから、ルールを破っても歩道を通っているということです。

まちかど探検隊さんのリクエストだったせいか、ちょっと日本の道路に対して批判的になってしまいましたが、路面の仕上がりは別として、道路構造については日本人よりもドイツ人のほうがよく考えていると感じます。
ほかにもいろいろ書きたいことがありますが、今日はここまでにしておきます。
イマジン * ドイツの道路 * 03:26 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ