<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 松本清張の「アムステルダム運河殺人事件」 | main | 日本デー >>

岩手県南部で地震


今朝、8時43分頃(日本時間)、東北地方で大きな地震があったそうです。
被害に遭われた方には、心よりお悔やみ申し上げます。
報道によれば、震源は岩手県南部(北緯39度、東経140.9度)で宮城県仙台市から約100kmの地点、地震の規模はマグニチュード7.2(地震直後の報道ではM7.0)、震源の深さは8kmと浅いようです。
先月発生した中国・四川省地震とは、地震の規模(四川省地震はM7.9)こそ大きく異なりますが、震源の浅い内陸直下型であったところはよく似ています。逆断層型だったことも共通しているようです。

この付近の既往の地震履歴を調べるため、震央座標[N39.0°、E140.9°]を調査地点として、調べてみたところ、下表のような地震(推定応答加速度の大きい順に上位を表示)がこれまでに発生していることがわかりました。

この付近50km以内で過去に発生したM6.5以上の地震は、1900.5.12(M7)と1962.4.30(M6.5)の2回(いずれも震源は宮城県北部)だけのようです。38kmも離れているので、別の地震だと思われますが、50〜60年周期で動いているように見えなくもないですね。
100km以内で発生したM6.5以上の地震は、7回あるようですが、いずれも1800年以降に観測されたものですので、この地域でこの規模の地震は珍しくはないようです。
それと、M8以上の超巨大地震・三陸沖地震とM7.5程度の巨大地震・宮城県沖地震からは、それぞれ震央距離300km、130kmと離れているため、100km以内の地震ほどの影響は受けないようです。

今回の地震では、緊急地震速報が流されたと報道されています。
「M6.1、震度5強の地震が発生する」という報道が、地震発生とほぼ同時に出されたようで、震源付近には情報伝達が間に合いませんでしたが、少し離れたところでは効果があったようです。
震源から約100km離れた仙台市では、最大地震波到達の約5秒前に緊急地震速報が流れ、運行中だった電車11本で、自動停止装置が働いたそうです。地震波の来る数秒前にブレーキをかけ始めることができた点は注目に値すると思います。2004.10.23の中越地震では、新幹線が脱線しましたが、その後の調査で新幹線が運転中にこのような地震を受けると、新幹線が飛び上がる可能性がある(横揺れとローリング共振の複合型脱線)という報告がされていますので、最大地震波を受ける少し前に制動行動に移れるというのは、被害を小さくする上で非常に重要だと思います。
また、病院では緊急速報を見た職員が、病棟に駆けつけて、患者が使用している機器に異常がないかを確認したそうです。これも生死を分ける重要な行動を助けたことになり、地震速報の効果があったと考えられます。

震源付近では間に合わなかったこと、規模の見積もりが大きく外れたことについては、今後の検討課題というところでしょうか。
初期微動を捉えて発動する速報のようなので、個人的には内陸直下型地震の震源付近に事前に速報を流すことは困難だという気がします。それでも、上記のように、震源から少し離れたところには大きな効果があったので、無駄ではないと思います。そして、東海、東南海、南海、三陸などの海溝型の巨大地震に対しては、とても効果があると思います。
規模の見積もりについては、予測精度の問題なので、データの蓄積が重要だと思います。しかし、あくまで予測なので、精度向上はあまり期待できないだろうと思っています。

この精度の問題と、発動するかどうかの判断というのは、とても難しい問題ですね。
今回の地震では速報の予測値との差がマグニチュードで1.1もありました。応答加速度(揺れの大きさ)で表わすと、2倍以上の誤差になります。もし今回の地震が逆にマグニチュード1.1だけ小さいM5.0の地震だったらと考えると、緊急速報発動による経済損失(電車を緊急停止させたりすることによる社会全体が受ける損失)のほうが大きくなったでしょう。このあたりを考えると、線引きが難しいですね。
国民を巻き込んだリスクマネージメントが必要ということでしょう。それでもリスクを計算すれば、かなりの範囲で発動したほうがよいという結果になる気がしますが、国民の理解が得られる線がどこなのかというところでしょうね。
たとえば、予測値で震度6強以上になるところにだけ緊急速報を発動するようにしておけば、低めに外れても震度5強くらいにはなるだろうから、国民から無駄だったとは言われないし、予測を超えた地域で速報に対する不満が出ても、予測とはそんなものだと許容されるように思います。しかし、それでいいのかというと、技術者としては素直にはうなずけませんよね。
地震予知を無駄だという意見も多いので、今回の地震で思ったところを少し書いてみました。
イマジン * 災害 * 19:19 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ