<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 歓声 | main | 松本清張の「アムステルダム運河殺人事件」 >>

ズバリ!技術士新制度「建設部門」の攻略法 増刷!


今日、日本から1冊の本が届きました。
ズバリ!技術士新制度「建設部門」の攻略法が、お陰様で第4刷の増刷となり、それを出版社の方がドイツまで送ってくれたものです。
うれしい知らせですね。
昨年2月の出版から1年以上経過し、その間、これと同じテーマを扱った技術士新制度の試験対策本が他社から次々に出版されましたので、これでは売れ行きは伸びないだろうなと思っていました。
それが、平成20年度試験まで約2カ月に迫ったこの時期に「増刷」です。本当にうれしいです。この難しい決断を出版社がしてくれたことには、本当に感謝しなければなりません。たぶんこの増刷にも相当に骨を折っていただいたであろうSさん、ありがとうございます。
手前味噌になりますが、新制度に変わる直前に、新制度を予想してその攻略法を書いたこの本は、核心部分をとらえていたと考えていますので、今年受験される方にとっても、必ず役に立つものだと確信しています。
そう言えば、今日久々にアマゾンのHPを見ましたら、このズバリの中古本も出ていました。その最安値は、¥3,473となっています。いまだに、定価(¥2,700)よりも高い値段が中古本についているというのもありがたいですね。もし、中古本1冊¥100なんて出ていたら、寂しいですものね。

さて、著書のPRはこれくらいにして、少しだけ残念なことも1つありましたので、そのことも書いておきます。
これは私しか気がつかないかもしれませんが、出版社のロゴ(表紙右下の著者名の下にあった)がなくなっていました。初版本〜第3刷までは「TECHNO」というロゴマークがここにありました。
テクノという出版社は、たかだか一技術士にすぎない無名の私に、出版という希望に満ちた機会を与えてくれて、そして実現させてくれました。これは私の価値観あるいは人生を変える、とても大きな出来事でした。
そのテクノは、たいへん残念なことに、昨年無くなってしまいました。といっても、完全に消滅したのではなく、親会社(新技術開発センター)に吸収されたということですが、私にとっては寂しいですね。
イマジン * 出版 * 03:53 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

コメント

中古本の最高値は、なんと4073円ですね。kmatsu
Comment by kmatsu @ 2008/06/12 11:19 PM
なんでこういうことになるのかなあって思い、いま他社の新制度対策本についても調べてみました。
中古品がでていないものが多かったですが、中古品がでているものはすべて中古のほうが安かったですね。定価の6〜7割くらいでしょうか。
私の著書だけがなぜこんなに中古品が出て、こんな値段になっているのか、よくわかりませんでした。
いいように解釈すれば、皆さん合格して(役に立って)、縁起がいいものを今度受験される方に役立ててもらおうってことですかね(いいように取りすぎか)。
Comment by イマジン @ 2008/06/14 12:43 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ