<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 技術士筆記試験対策 過去のブログ整理 | main | 鋼材価格の値上げ >>

助け合い

緊急援助隊の派遣で対日感情が好転という記事がMSNのヘッドラインに出ていました。
とてもいいことですね。
私も阪神大震災のときに外国人ボランティアの方にたくさん会いました。上記のニュースで、神戸大学に留学中の中国人の方も、自分も被災者でありながらボランティア活動をされていたことを思い出しました。
人が助け合うということに、国籍とかの違いは関係ないんですね。当たり前ですが。
最近いやなニュースが多い中、いいニュース記事を読めてうれしかったです。
イマジン * 災害 * 04:28 * comments(4) * trackbacks(0) * - -

コメント

大地震のたびに、阪神大震災の記憶が蘇ります。新長田あたりの火災の煙、匂いが山を越えて自宅にも届いた時の記憶です。
そのせいか、中越沖地震など、地震発生メカニズムや、耐震条件の動きには敏感です。kmatsu
Comment by kmatsu @ 2008/05/18 8:23 AM
5月17日の近畿青技懇5月例会でのAPECさん講演会、題して「これからの技術士」。今後の方向性を示す貴重なご講演だったと思います。
概要をプログに書き込みましたので、ご参照ください。kmatsu
Comment by kmatsu @ 2008/05/18 8:29 AM
こんにちは、コチタロです。
リンクを貼って頂き、ありがとうございます。
イマジンさんが出版された本を愛読させて頂いている”いちファン”ですので、光栄です。
さて、緊急援助隊ですが、とてもよいことだと私も思いますし、日本人として誇りに思います。
ただ生存率が極端に低くなるラインの”72時間”経過したあたりで、ようやく海外の救助隊を受け入れた中国の姿勢が少し残念です。
国として、さまざまな事情はあるのでしょうけども、迅速な対応・決断をしていれば、少なくとも生き延びることができた人数は増えたはずです。
経済だけでなく、あらゆる意味での国際化を考える必要があると思いました。
これからも、ちょくちょくおじゃまします。
よろしくお願いいたします。
Comment by コチタロ @ 2008/05/18 10:47 AM
kmatsuさん、APECさんの講演は私も聴きたかったです。
でも、大盛況だったと聴いてほっとしました。
例会の概要もご紹介いただきありがとうございます。講演資料は私もいただいて拝見しました。

コチタロさん、こんにちは。
役人の判断で人の生命が失われたり、助かったりするというのは、たしかにいやなものですよね。
生き埋めの方が多いということなので、そういう思いが特に強く感じられますが、家屋の倒潰による圧死が非常に多いので、手抜き工事などの問題もかなりあり、いろいろな問題があると感じられます。
技術者の判断で生命や財産が失われるのもいやなものです。
ドイツ的発想でいうと、これも手抜き工事を見抜けなかった自己責任ということなのでしょうか。なんとも言えない気分になりますね。
Comment by イマジン @ 2008/05/19 12:38 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ