<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 返り討ち | main | 高速道路の事業費 >>

CO2排出権取引

今日は青技懇でした。
開演時間よりも早く会場に着いたので、久々にジュンク堂書店に行ってみたら、私のズバリ!とAPECさんのズバリ!が並んでおいてありました。この光景を見るのは初めてでしたので、思わず携帯に収めました。
それから、売れ行きが気になって、刷数を見てみると、なんと第二刷と書かれていました。出版社から「第一刷が売り切れました!」って連絡なかったなあって少し寂しく思いながらも、とても気分が良かったです。

で、例会も懇親会も終わって、さきほど帰宅したところです。
今日の朝刊を広げると、一面は「日本、CO2排出枠購入」という大見出しが出ていました。記事を読むと、日本政府はハンガリーのCO2削減量の余剰分を最大1000万トン購入する可能性があり、200億円規模になると書かれていました。
私は平成14年度の技術士試験の準備をしていた時に、「CO2削減量を50,000円/トンで国が買い上げることを制度化」という記事を読んだことを思い出しました。なぜ、こんなことを覚えているかというと、これを経験論文に書くか迷っていたからです。
当時、土木事業における費用便益分析に関する資料としては、「費用便益分析マニュアル(案)」と「道路投資の評価に関する指針(案)」の2つがあり、後者には地球温暖化防止便益として、CO2削減量の便益原単位を2,300円/t-Cと定めていました。そんな時にこの指針での評価額を約20倍も上回る50,000円/トンで国が買い取る制度ができるとは、いったいどういうことなんだ、と半信半疑になりました。しかも、記事のほうは単位が円/t-Cではなく、円/トンと書かれていたので、もしかしたら、分母が違うのか? とも思い、この数字を経験論文に示すことはやめたという経験があります。
で、今回の日本政府のお買い物ですが、200億円/1,000万トン=2,000円/t-Cですね。指針に示される原単位に近い額です。これから、CO2排出権取引から目が離せなくなりそうですね。
イマジン * 環境・科学 * 23:58 * comments(4) * trackbacks(0) * - -

コメント

 サイト情報によると、コンクリート主任技士の問題にも地球温暖化に関する出題がされたようですね。

 「地球温暖化の防止に技術的に貢献できたと考えられるあなたの具体的な経験を1つ挙げて、その理由を述べた後に、今後コンクリート主任技士として地球温暖化の防止活動に貢献できると考えられるコンクリート工学の技術とそれらの内容について、合計して600〜800字で記述しなさい。」
Comment by ふるのぶ @ 2007/11/27 8:18 PM
ふるのぶさん、ありがとうございます。
コンクリート主任技士の地球温暖化に関する出題は難しいですね。準備していないと太刀打ちできませんよね。
私はコンクリートではなく、鋼のほうからのアプローチで地球温暖化への影響に関する資料を収集をしたことがあります。経験論文にも少しそのネタを使ったので、鋼材の生産時に発生するCO2が約0.4t-C/t、生コンはその1/10の0.04t-C/tで、施工時に発生する分を含めると橋面積当たりのCO2発生量は、鋼橋がだいたい0.2t-C/屬らいで、コンクリート橋がだいたい0.1t-C/屬らいだということは覚えていました。
私は、主に鋼橋技術研究会の環境問題研究部会報告書で、これらを調べましたが、土木学会の地球環境委員会/LCA検討小委員会の報告書に、土木事業に関係するCO2発生量が詳しく整理されているようです。
タイムリーなネタなので、口頭試験前に勉強しなおしておこうと思います。
Comment by イマジン @ 2007/11/28 8:30 PM
イマジンさん こんばんは。
バルといいます。

ズバリの揃い踏みですね。素晴らしい写真だと思いましたので、思わずコメントしてしまいました。
「ズバリ口頭試験合格法」は、私のつたない口頭試験記録(鋼構造及びコンクリート)を掲載していただいており、参考書というよりは私の宝物(永久保存版)となっております。

すいません。意味の解らないコメントをしてしまいました。
イマジンさんのブログはよく拝見させていただいています。
今後も仲良くしてください。

Comment by バル @ 2007/11/30 9:17 PM
コメント、ありがとうございます。
それから、ご結婚おめでとうございます。
私はもう結婚12年目になりました。一回りを記念して、何かやろうかな。
ズバリ!口頭試験攻略法は、いろいろな方の個性豊かな体験談があっていいですよね。
総監の口頭試験対策は小生が忙しいAPECさんに代わって執筆させていただき、総監体験談にも小生のグチっぽい再現を掲載しているので、恥ずかしい限りです。
とうとう12月になります。
そろそろ始動しなければなりませんね。
お互いにがんばりましょう!
Comment by イマジン @ 2007/11/30 10:15 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ