<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< カッパドキア紀行 | main | カッパドキア紀行 >>

カッパドキア紀行

いよいよこの日はカッパドキア観光です。


ホテルの部屋を出るとこんな風景でした。
前日はホテルに到着したのが夜だったので周りの風景はよくわかりませんでしたが、ユルギュップの街はこんな盆地状のところにあって、ホテルの周りにはツアー会社がたくさんありました。


ホテルの朝食です。
パンに3種のジャム、バター、2種のチーズ、ハム、トマトサラダ、ヨーグルト、ぶどう、みんな美味しかったのですが、オリーブだけは・・・オリーブは苦手です。


この日はまずデリンクユの地下都市に向かいました。
レンタカーで真っすぐに向かったのですが、入口にはすでに行列ができていました。
日本人もたくさんいました。


72時間有効のミュージアムパスを買いました。
最終的には元は取れましたが、意外にミュージアムが少ないため、このカードを使えたのはほかに1カ所だけでした。


カッパドキアには150〜200も地下都市があると言われています。
デリンクユは地下85mまでの深さに地下8階、最大収容人数4万人と言われる地下都市で、現在約10%が公開されています。
地下の各部屋はこんな階段や通路で繋がっており、内側からしか開閉できない巨石の扉で外敵の侵入を防げるようになっています。


こちらは地下通路で、分かりにくいですが右側は部屋になっています。


こちらも地下の部屋です。
石灰質の岩で切削がしやすいようです。


こちらは通気口です。写真は上を向いているので、見えているのは空ですが、下は井戸になっていて地下水をくみ上げられるようになっています。


デリンクユ地下都市を出た後は、ウチヒサル砦に向かいました。
岩山を掘って砦にしたものです。


ウチヒサルのレストランで昼食を食べました。
真ん中にあるのは、カッパドキア地方名物の壺ケバブです。
写真の壺は割った後ですが、この2倍の高さの壺で出てきて、店の人が目の前で割ってくれます。
とても美味しかったです。


こちらはウチヒサル砦の最初の部屋です。
大きく掘った後、内側にアーチを設置して補強しているんですね。


こんな外の岩場に設けた階段を上って頂上まで行きます。


やっとの思いで頂上まで登るとこんな絶景が待っていました。


ウチヒサルの頂上にはこんな人の顔のような岩もありました。


この日は、地下都市と岩山で登ったり降りたりし過ぎてとても疲れたので、早々にホテルに引き上げました。
帰りにギョレメを通りました。
たけのこの里のような岩がたくさんありました。


夕食はユルギュップのレストランで食べました。
日暮れのユルギュップの街も幻想的で綺麗でした。
イマジン * ヨーロッパの風景 * 23:10 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ