<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 英独旅行その2 | main | 英独旅行その4 >>

英独旅行その3

Euston駅を出て約2時間でManchester Piccadilly駅に到着しました。


Man.Uに移籍した香川に会えるかもしれないと思い、ワクワクしながら、キョロキョロと周りを見回しながらレンタカー屋さんまで歩きましたが、香川には会えませんでした。
後で知ったのですが、この頃、香川は日本代表の試合のため札幌に行っていたので、マンチェスターで会えるはずはありませんでした。


レンタカー屋さんに向かう途中、こんなゴミ箱を見つけました。
六角形のスペースに3種類の分別したゴミ箱を組み合わせてありました。
そういえば、イギリスではビンやペットボトルのプファンド(昔、日本でもやっていたビン代)をやっていないようでした。分別ゴミとして扱っているということは、たぶん、リユースではなく、リサイクルなんでしょう。ドイツの方が進んでいるようです。


ゴミ箱からさらに少し行くと、歩道横の壁に窓があり、こんな鋳物の絵がはめ込まれていました。
何を表しているのか分かりませんが、とてもオシャレでした。
この窓の向こうには運河が見えました。


こちらが、窓の先に見えた運河です。
ここもとても綺麗で、ブレーメンやデュイスブルクで見た風景を思い出しました。
レンタカー屋さんはこのすぐ横にありました。
私が頼んでいた、普通のセダンのオートマ車は、間違えて別の人に貸してしまっていたようで、ずっと高級なボルボのオートマ車を同じ料金で借りられてラッキーでした。
車に乗り込み日本から持参していたカーナビのキヨシくんをセットしたところ、キヨシくんは動くのですが、電源コードが断線しているようで、電源を入れても10秒くらいで電源が落ちてしまう状態でした。困ったなあと思い、レンタカー屋さんでカーナビを追加レンタルしようと思ったら、ボルボにはカーナビがついていました。これまたラッキーでした。


カーナビにMan.Uをセットして、さっそく向かいました。
すぐにスタジアムに到着しました。


ショップに入ると、Man.Uの新しいユニフォームがずらりと並んでいました。
その中に、香川のユニフォームもありました。
かなりたくさんありました。売れ筋なんでしょう。
逆に可哀想だったのが、パクチソンのユニフォームでした。すべて、20%オフのディスカウントコーナーに移されていました。


ユナイテッドのミュージアムにも行ってきました。
8人のレジェンドが並んでおり、一番左はベッカムでした。
ベッカムがあってロナウドがぜここにないのか分かりませんが、もしかしたらベッカムの隣に香川が並ぶ日が来るかもしれませんね。


こちらはミュージアムの隣にあるレッドカフェです。
まだ香川の椅子はありませんでした。
次に来る時はきっとあるでしょう。

次回こそは、湖水地方をご紹介します。
イマジン * ヨーロッパの風景 * 07:02 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

コメント

香川が移籍したことで、プレミアリーグもますます楽しみですね。
ヨーロッパの景色は懐かしいです。また、ブログ更新、楽しみにしています。
Comment by I @ 2012/08/21 9:12 AM
コメントありがとうございます。
開幕戦の香川は、とてもいい動きでしたね。
テレビニュースでマンチェスターの居酒屋からの中継があって見ていましたら、インタヴューに答えている上機嫌のおじさんが、ツヴァンツィヒ・ゴールスを決めて欲しいってドイツ語混じりの英語で答えていました。
たぶん、ドルトムントで香川のサポーターだった人がマンチェスターまで応援に行ったんだなと思って、とても嬉しかったです。

帰りの飛行機に乗る前に、ドイツでサッカー雑誌を買い込んだのですが、ちょうどドイツの年間最優秀選手の発表がありました。
選ばれたのは、メンヒェングラッドバッハのマルコ・ロイスでした。
私としてはとても納得のいく選出でした。
しかし、FIFAが選ぶバロンドールの候補では、ブンデスリーガ所属選手からはたしか香川とレヴァンドフスキくらいしか上がっていなかったと思うので、ロイスがドイツ年間最優秀選手に選ばれたのは意外でした。
Comment by イマジン @ 2012/08/22 6:06 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ