<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 氷の彫刻展「ルールモント・ハリウッド」 | main | アイルランド紀行 .縫紂璽哀譽鵐 >>

ドイツ対イタリア戦

9日にドルトムントで行われたドイツ対イタリア戦を見てきました。


時間にゆとりを持って家を出たのですが、道路は大渋滞で到着したのは、試合開始20分前でした。


この日の席は、前から3列目という最高の席でした。
人文字は近すぎて何が書いてあるのか、よくわかりませんでした。


試合前のセレモニーが終わると、エスコートキッズや楽隊が引き上げてきました。


いよいよキックオフ。
センターサークルには、クローゼとエジル。
その後方には、右サイドバックでキャプテンマークを巻いているラームが見えます。


こちらはドイツの最初のコーナーキック。
ボールに反応しているのは、怪我から復帰したイタリアの守護神ブッフォン。


今度は、エジルが軽快なドリブルで攻め込んできました。
が、選手の動きにシャッタースピードがついて行かず、残念!


またコーナーキック。
キッカーはシュヴァインシュタイガー。
前半は何度もこのコーナーからのコーナーキックがありました。


今度は、再びエジルの突破。
この日、エジルはとても動きがよく、いい攻撃のリズムができていました。
前半はドイツのペースで、特に私が見ている目の前の左サイドからの攻撃が多かったので、見応え十分でした。
先制点はドイツで、ミュラーがエジルとのワンツーからゴール前のクローゼにパスを出し、滑り込みながらディフェンダーよりもわずかに先に足を伸ばしたクローゼが先制点を決めました。
クローゼはワールドカップ準決勝のスペイン戦でのノーゴール以降、代表戦ではEuro2012予選4試合を含む5試合連続ゴール(5試合合計7ゴール)を挙げていて絶好調でした。

試合は、後半81分にイタリアのロッシのゴールで同点に追いつかれ、またもイタリアに勝つことはできませんでした。
ドイツはイタリアに16年間勝てていないそうです。


試合が終わったあと空を見上げると、月が綺麗でした。
イマジン * 娯楽・サッカー * 06:46 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ