<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< エジプトに行きたくなったわけ | main | スペイン紀行 .泪疋螢奪 >>

エジプト

2008年4月にドイツに来て以来、ヨーロッパから出たことがありませんでしたが、初めてヨーロッパを出る決心をしました。
行き先は、エジプト。ちょっと奮発しました。


私たちの搭乗予定のフライトは、2時25分デュッセルドルフ発のカイロ行き。
しかし、朝8時に目が覚めると、外は一面銀世界・・・
さっそく空港のホームページをチェックすると、すべてのフライトが見合わせていました。
子どもは大喜びでさっそくソリ遊び。

11時を過ぎてもデュッセルドルフを発着した飛行機はなし。
キャンセルという文字もかなりの数になって目立つようになってきました。
実は、この時点では荷造りがまだできていませんでした。
というか、朝、外の景色を見た瞬間から、フライトのキャンセルを確信していて、荷造りをする気になれずにいましたので、このときに翌日に予約していた日本語ガイド付きピラミッドツアーのキャンセル手続きをしていました。

11時50分、目を疑うことが起こりました。
ミュンヘン行きのフライトに「搭乗開始」の文字が・・・
嬉しい気持ちもありましたが、まだまだ「まさかなあ」って思いで空港のホームページを見ていました。

12時を過ぎて、搭乗開始の文字がもう一つ増えたところで、疑いから焦りに変わりました。
必死に荷造りして、なんとか1時前に家を出て、自分の家の前の歩道は居住者が雪かきをしないなければならないというドイツの法律に感謝しながら、かろうじて除雪された1m弱の幅に後ろ手に持ったスーツケースを通しながらトラムの駅に向かいました。
しかし、どうもトラムは動いていない気配だったので、タクシーに乗るために1つ先のターミナル駅までの700mの雪道を必死に走りました。
息を切らせてようやく着いたタクシー乗り場でしたが、モノケノカラ・・・
これはピンチと、本格的に危機感を覚えたところで、1台のタクシーがやってきて、私たちの目の前で客を降ろしました。

救いの神現る!
このタクシーに乗せてもらい、空港に運んでもらいました。
タクシーに乗ると意外にも道路はすいていて、1時半に空港に着きました。
出発は5時間ほど遅れましたが、何とか飛行機は飛んでくれて、日付が変わって30分ほどでカイロに到着しました。


日本語ガイド付きのピラミッドツアーをキャンセルしてしまったことを後悔していましたが、幸運にも1日ずらして別の日本語ガイド付きツアーを取ることができました。
ガイドさんの冷たい切り返しにきりきり舞いしながらも、ガイドさんとの会話を楽しみながらバスでメンフィスに向かいました。
ここでラムセス2世の倒れた立像を見ました。
大きかったです。


3000年以上前のものとは思えないほど精巧ですね。
ラムセス2世は、端正な顔立ちでした。


こちらは、ラムセス2世像の外にあった大理石製というスフィンクスです。


こちらは、スフィンクスの先にあった像です。
これもラムセス2世?


次に向かったのはサッカーラです。
こちらは、サッカーラの神殿です。


中に入ると、この通り非常に精密な構造物がありました。
サッカーラの階段ピラミッドは、最古のピラミッドで5000年前に造られたって言っていましたが、この神殿は同時期ではなかったのでしょうか。
とても精巧なので驚きました。


そしてこちらが世界最古のピラミッドという階段ピラミッド。
元々は4段だったものが、6段に改築されたそうです。


ガイドさんに勧められるままに、サッカーラの近くの絨毯スクールに立ち寄りました。
1階はこんな感じで、絨毯の造り方のデモンストレーションをやっていました。


2階に上がって見ると、完全に絨毯の卸売店になっていました。
スクールと言いながら、生徒の姿はなく、結局のところ絨毯屋さんに連れて行かれただけでした。


絨毯屋のあと、ようやくギザの3大ピラミッドにやってきました。


ラクダもいました。
ラクダとピラミッド、絵になりますねえ。
ちょっと感動しました。
ピラミッドにも入りました。
内部トンネル説の話を思い出しながらピラミッドにも入りました。
あまりよくわかりませんでしたが、とてもいい経験になりました。


最後にスフィンクスを見ました。
この時間だと完全に逆光でした。


次の日はエジプト考古学博物館に行きました。
残念ながら内部は撮影禁止だったため、ご紹介することができませんが、あのラムセス2世のミイラもありました。
それから、ツタンカーメンの黄金のマスクもありました。
黄金のマスクと言うと、アガメムノンの黄金のマスク(本当はアガメムノンより古い)を思い出しますが、前者が紀元前13世紀で、後者が紀元前16〜15世紀ということなので、ツタンカーメンのほうが少し新しいんですね。
逆だと思っていました。それでも、ほぼ同時期のものだととらえれば、精巧さで言えばツタンカーメンのマスクのほうがずっと精巧ですね。
さすがはエジプト文明!


エジプト料理にも挑戦しました。
意外にも結構普通にいけました。


ムハンマドアリモスクというところにも行きました。


このあたりは、大きなモスクがたくさんあって、まさに異国って感じでした。


商店街と言うか、屋台が立ち並ぶ通りを歩いてみました。
ちょっと怖かったですね。
遠くには大きなモスクが見えていました。


夜、ハンハリーリという大きな市場に行ってみました。
この辺りには、塔がたくさん立っていました。


市場は人でごった返していました。
カイロの街は夜遅くまで活気に溢れていました。

イマジン * 海外 * 10:16 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ