<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< モーゼル | main | ボンとケルン >>

コブレンツ

エルツ城を出たあとに向かったのは、コブレンツです。
コブレンツに到着すると、スーパーで買い込んだ食料をつまみながら、ホテルでモーゼルワインを開けてしばらく歓談していました。そして、日が沈みかけてから夜の散歩に出かけました。


ドイチェスエックに向かって歩いていると、こんな教会がありました。


ドイチェスエックに着くと、真っ暗でほとんど何も見えませんでした。
モーゼル川のほうに日が沈んで、とても綺麗でした。


翌朝、再びドイチェスエックに行きました。


こちらは、皇帝ヴィルヘルムの騎馬像です。
ここで、写真左に写っている自転車の人たちに話しかけられました。
南ドイツから600km自転車に乗ってやってきたというこの人たちは、なぜか私たちに、「あの騎馬像は誰の像?」と聞いてきました。
ガイドを読んでいなかった私は、いい加減に「カール大帝かなあ」なんて言いながらガイドブックを開いて「カールじゃなくて、ヴィルヘルムでした」と教えてあげました。


自転車の人たちとしばらく歓談してから、ヴィルヘルム像に上りにいきました。


ヴィルヘルム像に上ってドイチェスエックを眺めていたら、大きな観光船がライン川を下ってきて、ダイナミックに旋回して、モーゼル川のほうに入っていきました。
それから、モーゼル川の水はとても澄んでいて、ライン川の水は土砂で濁っていることも、ここから見るとよくわかりました。


こちらは昨晩見た教会です。
昼間と夜では、やはりだいぶ印象が違いますね。
イマジン * ドイツの風景 * 06:21 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ