<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< マインツ | main | モーゼル >>

ラインフェルス城

マインツからは世界遺産になっているライン川中流部を川に沿って下り、河畔の小さな町に立ち寄ったり、古城やローレライを見たりしながらラインフェルス城に行きました。


ラインフェルス城は、13世紀にカッツェネルンボーゲン伯(「カッツェ」はネコという意味)によって築かれたドイツで最大の廃城で、現在は一部が古城ホテルになっています。
この日はここに泊まりました。私は、古城ホテルに泊まるのは初めての経験でした。


今でも半分は廃城のままで、有料で中を見学することができるようになっています。


ラインフェルス城からの眺めは最高でした。
こちらは、下流側の眺めです。
遠くには、ネズミ城(ドイエルンブルク城)が見えます。
14世紀の城で、ネコ伯のラインフェルス城がライン川の左岸(西岸)にあったため、トリーア大司教が右岸(東岸)側での徴税を確実にするために建築した城だそうです。現在は、個人所有になっています。


こちらに見えているのは、ネコ城(ノイカッツェネルンボーゲン城)です。
ネズミ城が完成したすぐ後に、ネコ伯がラインフェルス城の対岸側に築いた城です。
この城の完成により、トリーア大司教とは右岸同士で対立する関係になり、この城がネコ城と呼ばれるのに対して、ドイエルンブルク城がネズミ城と呼ばれるようになったそうです。これには、ネコがネズミを駆逐するという皮肉が込められていたそうです。
この城の現在の所有者は、日本人だそうです。


こちらは、ホテルのレストランからの眺めです。
右側に見えているのは、ザンクトゴアの町です。


こちらは、ホテルのフロントです。
この日は、私たち以外に5組くらい日本人宿泊客がいました。


こちらは、夜の景色です。
とても綺麗だったのですが、デジカメではうまく撮れませんね。
イマジン * ドイツの風景 * 06:19 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ