<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< アクセス解析 | main | ベルリンフィルのコンサート >>

側転大会

先月、アルトシュタットで側転大会が行われました。
側転の街、デュッセルドルフで行われる毎年恒例の行事ですが、昨年は新型インフルエンザの集団感染のため、日本人は出場できませんでした。
今年は、デュッセルドルフに住む日本人の子どもたちも多数出場しました。


1、2コースは、ドイツ人の子ども、3〜6コースは日本人の子どもです。
側転の速さと美しさを競います。

Auf die Plätze, fertig, los!
アウフディプレッツェ、フェアティヒ、ロス!(位置について、用意、ドン!)の掛け声で、一斉にスタートしました。


1コースは速いですね。
ほかの子どもたちは大接戦です。

しかし・・・ゴールすると、3〜5コースの審判がレッドカードを挙げていました。
スタートラインに足が触れると失格らしく、みんなこれに引っかかって失格になってしまいました。
最初の写真を見ると、確かにそうですね。


で、もうひとつ前の写真をチェックしてみたら・・・
ありました。
審判の人は、スタートラインを踏むと失格だよって、ちゃんと説明してくれていました。
でも、仕方ありませんよね。日本人の子どもたちにはドイツ語はわかりませんから。


こちらは、ほとんどがドイツ人の子どものレース。
みんなかなり手前から踏み切っていますね。
来年はちゃんとルールをチェックして、失格にならないで頑張って欲しいですね。
イマジン * ドイツの風景 * 06:11 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ