<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 北フランス紀行▲皀鵐汽鵐潺轡Д | main | 北フランス紀行ぅ僖 >>

北フランス紀行ノルマンディー橋とタンカルヴィル橋

北フランス紀行の3回目は、2つの橋を紹介します。


こちらは、セーヌ川に架かるノルマンディー橋です。
中央径間は856mもあり、1995年の完成時点で、斜張橋としては、それまでの最長603m(楊浦大橋)を大幅に上回り、その後、1999年にしまなみ海道の多々羅大橋(890m)に抜かれるまでの間、世界最長でした。現在は、ヨーロッパ最長、世界では4番目の長さの斜張橋です。
多々羅大橋とは姉妹橋で、最大支間がだいたい同じと言うだけでなく、塔の高さ、形もよく似ています。ただ、大きく違うのは、美しさです。ノルマンディー橋は両岸が低く、航路を確保するために、極端な縦断線形を入れているので、正直言って美しいとは感じませんでした。
多々羅大橋は、しまなみ海道が開通して間もないころに見に行きましたが、とても美しかったです。ノルマンディー橋を見たのは今回が初めてでしたが、構造的な類似性だけで姉妹橋にするのは考えものだと感じました。


ノルマンディー橋を見たあと、パリ方面へ向かいました。20kmほど行くと、大きな吊り橋が見えてきました。タンカルヴィル橋という橋です。


この橋の手前には、この橋に関する資料がいろいろ展示されていました。
写真の資料を見ると、中央径間は608mあって、1959年には2本のメインケーブルだったものを、2000年に4本のケーブルに交換したことが紹介されていました。吊り橋のメインケーブルを交換するとは、ずいぶん大がかりな補強が行われたんですね。世界的にも非常に珍しい事例だっただろうと思います。

帰宅後、家の資料で調べてみました。
タンカルヴィル橋の完成は1959年で、当時、吊り橋ではアメリカが世界をリードしていて、1931年のジョージワシントン橋(1067m)や1937年のゴールデンゲート橋(1280m)など、1,000mを越える吊り橋も架けられていました。
ヨーロッパは2つの大戦でこの時期の橋梁は少なく、吊り橋ではこのタンカルヴィル橋(1959年、608m)とイギリスのフォース鉄道橋(1964年、1006m)が代表的なものだそうです。
タンカルヴィル橋は名前も知らない橋でしたが、偶然に通りがかり知ることができて良かったです。
イマジン * ヨーロッパの橋 * 23:50 * comments(4) * trackbacks(0) * - -

コメント

初めまして。同じデュッセルドルフ在住の方だと知り
ときどき見させて貰っていました。
(オーバーカッセルの教会について調べていて辿り着きました)
今、久し振りに見るとモンサンミッシェル、バルセロナ、ポルトガル(リスボン方面)
と、なんと私がこの春に計画しているところばかりの旅行記が!!!
とても参考になります、どうもありがとうございます。
寒い時期のポルトガル〜バルセロナの計画はなるほど〜と思いました。 
こちらも、ようやく雪解けを迎えましたね。
では、またときどき訪問させて頂きますね。

Comment by yuki @ 2010/02/21 2:22 PM
yukiさん、こんにちは。
オーバーカッセルの教会というと、アントニウス教会のことですよね。あの時計塔の「Herr der Zeit」の由来をご存知でしたら、教えてください。

モンサンミシェル、バルセロナ、ポルトガルの記事がお役に立って何よりです。どの街もよかったですよ。
フランスやスペインに行くメリットは、寒さだけではありませんよ。ドイツと時差がないのに、ドイツよりもだいぶ西にありますよね。だから、ドイツよりも日の出、日の入り時刻がだいぶ遅いです。朝はドイツより暗いけど、夕方は遅くまで明るいので、観光するにはちょうどよいと思います。モンサンミシェルでは夜7時頃まで明るかったですよ。

Comment by イマジン @ 2010/02/21 9:37 PM
ご無沙汰しております。

これがノルマンディー橋ですか!多々羅よりもスレンダーですね。すっきりしています。

もしかして、斜ケーブルは白色ですか?
Comment by ふるのぶ @ 2010/02/25 8:30 AM
ふるのぶさん、ご無沙汰しております。
たしか、ふるのぶさんは多々羅大橋の架設工事に携わっておられましたよね。それから、最大支間1018mのストーンカッターズ橋にも携わっておられました。そのような方からコメントをいただけるとうれしいです。
ノルマンディー橋のほうがタワーは細い感じがしますね。地震がほとんどないから、耐震設計の影響かと思います。ケーブルは白ですね。
今回初めて知ったのですが、ノルマンディー橋は、鋼斜張橋ではなく、生口橋やストーンカッターズ橋と同じような桁構造をした複合斜張橋でした。
もう10年前になりますが、多々羅大橋を見た時はとても美しいと感じましたね。残念ながら、ノルマンディー橋からは美しさを感じませんでした。
Comment by イマジン @ 2010/02/25 8:35 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ