<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< H21筆記試験の分析(コンクリートの専門論文) | main | ブレーメンの記念コイン入手! >>

H21筆記試験の分析ぁ米始の専門論文)

今日は、道路の専門論文を見てみます。

●平成21年度 道路の専門論文の出題
I 次の2問題(I-1、I-2)について解答せよ。(問題ごとに答案用紙を替えて、それぞれ3枚以内にまとめよ。)
I-1 道路の計画・設計に当たっては、必要に応じて道路構造令の規定を弾力的に運用することが求められている。このように規定を弾力的に運用する目的について、具体例を挙げて説明するとともに、その運用に当たっての留意点や課題についてあなたの意見を述べよ。
I-2 次の5設問のうち1設問を選んで解答せよ。(解答設問番号を明記すること。)
I-2-1 魅力ある世界有数の観光地の形成などの観点から、無電柱化の推進が図られている。無電柱化に関する以下の問いに解答せよ。
(1) 無電柱化の目的と現状について解答せよ。
(2) 積極的な整備を進める際の課題を説明するとともに、その解決策についてあなたの意見を述べよ。
(3) 今後、重点的に整備を実施すべき個所とその理由についてあなたの意見を述べよ。
I-2-2 道路橋の主要部材である鋼部材とコンクリート部材のそれぞれについて、主な損傷の特徴と原因を説明せよ。また、道路橋について、維持管理コストを抑えながら長期的な健全性を確保するために、今後とるべき方策についてあなたの意見を述べよ。
I-2-3 地域の実情を踏まえた真に必要な道路整備を進める上で、社会・経済的な側面から道路事業の妥当性を適切に判断することが重要である。その判断に際して、現在一般的に行われている費用便益分析の手法の概要と課題を説明し、今後より適切なものとするための工夫についてあなたの意見を述べよ。
I-2-4 高速道路をはじめ幹線道路で普及が進んでいる排水性舗装について、その技術的特徴と期待される効果、並びにこれまでに明らかになってきた課題を説明せよ。また、これらを踏まえ、課題の解決策を含めて排水性舗装を今後どのように活用していくべきか、あなたの意見を述べよ。
I-2-5 道路土工において、環境保全の観点から考慮すべき事項に関して、計画・設計段階及び施工段階のそれぞれについて具体例を挙げて説明するとともに、環境保全のための方策についてあなたの考えを述べよ。

●分析
問題をざっと眺めて、まずはほっとしました。
というのも、必須問題が、昨年、一昨年と2年続けて政治色の濃い出題でした。技術士試験に政治色を入れるのはやめていただきたいと思っていましたので、必須問題を見てまずはほっとしました。
それから、5つの選択問題ですが、これも2年続けて新制度の道路の専門論文にはふさわしくないと思われる問題が多くありました。他の科目と比べて、新制度の改正趣旨が反映されていないと思っていたので、今年の選択問題を眺めて再びほっとしました。
ようやく道路も技術士新制度らしくなりました。
それでは、個々の問題を見ていきます。
I-1(道路構造令の弾力的運用) 良問ですね。道路は分野として広すぎるため、必須問題はこれまでどうしても建設一般のような出題になりがちでした。しかし、今年の出題は違いますね。道路の技術士を目指す者に共通して問い、なおかつ、専門知識と応用能力を試すとても良い出題だと思います。もっと言えば、技術者哲学までも問うていると思いますので、たくさんの方の答案を読んでみたいと思う出題ですね。
I-2-1(無電柱化の推進) 国交省が推進している重要施策のひとつです。ヨーロッパの街を見ていると、確かに電柱のない(地中化された)街が多いので、日本の街はゴミゴミしていると感じます。
I-2-2(道路橋維持管理) 鋼構造及びコンクリートのような出題ですね。しかし、道路分野として考えても橋梁の維持管理は非常に重要なテーマで、鋼部材とコンクリート部材の損傷の特徴くらいは理解しておくべきだと思いますので、道路で出題されても違和感のない出題です。
I-2-3(費用便益分析) 事業評価に関する問題ですが、近年出題の続いた政治的な問題ではなく、事業評価手法に関する技術的な問題ですので、良問だと思います。現在の評価手法の課題を示して今後のための工夫を求めている、非常に大きなテーマです。「今後に向けた方策を述べよ」ではなく「工夫」としているところに、テーマが大きくなりすぎないための配慮を感じました。
I-2-4(排水性舗装) 頻出問題ですね。準備されていた方は多かったと思います。
I-2-5(土工での環境保全) 環境保全と言うと、地球環境の保全から沿道の生活環境の保全まで多種多様なので、いろいろな書き方のできそうな出題ですね。
今年の道路の出題は、ここ2年の出題からガラリと変わりましたね。
必須問題と選択問題のテーマの取り上げ方もいいし、個々の出題の問いかたが現状→課題→解決策と新制度らしくなっている点も良くなったと感じました。
イマジン * 技術士 * 07:41 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ