<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< アクセス解析 | main | ベルリン(その1) >>

サモア沖とスマトラ沖の地震津波

9月30日に、南太平洋のサモア沖(M8.0)とインド洋のスマトラ島沖(M7.6)の2つの地震・津波が発生しました。
数千人の死者・行方不明者が出ていると報道されています。
犠牲者の方々のご冥福をお祈りいたします。

2004年のスマトラ島沖地震津波(M9.1〜9.3)では、数十万人の死者・行方不明者が出ましたが、その後もこの地域では、M8以上の地震が数回発生していて、そのたびに死者が出ていました。
今回のスマトラ島沖地震では、建物倒壊に伴う犠牲者が多く出ているようで、サモア沖の地震津波では、津波によって村が消滅したという報道もあります。太平洋の島では逃げ場もなく、なすすべがなかったケースも少なくないと思われます。

このページでも何度か書いたことがありますが、日本でも東海、東南海、南海といったところで、数年〜数十年後には津波を伴う巨大地震が発生すると予想されています。
地震による揺れは伝わるのが速いので、避難は難しいですが、津波は避難行動如何によって、被害が大きく変わります。
以前に「津波対策いろはかるた」などもご紹介したことがありましたが、今回の災害で、日本の減災対策を急げといわれているようにも感じました。
イマジン * 災害 * 14:47 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ