<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今日から冬時間 | main | H20筆記試験の合格率分析(全部門) >>

H20筆記試験の合格率分析

☆☆☆ 修正しました ☆☆☆
sukiyaki塾のAPECさんより、対申込者合格率12.1%、対受験者合格率15.9%という情報をいただきましたので、さきにアップしました数字をこの合格率で割り戻した人数に修正しました。

〜〜〜 以下は、修正した記事です 〜〜〜
今日、平成20年度技術士試験の筆記試験合格発表がありました。
今年は合格者受験番号の公表時刻の午前5時にアクセスが殺到したせいか、技術士試験センターのサーバーがダウンしたようで、午前中は合格発表を確認できなかったようです。
合格発表ページにアクセスできない人のために、sukiyaki塾の掲示板に様々な科目の合格受験番号のコピーが貼り付けられていますね。sukiyaki塾が技術士試験センターの仕事を代行しているような感じです。なかなかアクセスできなかった人、合格者番号をsukiyaki塾に紹介してくれた人、皆さんたいへんだっただろうと思います。それらも含めて、皆さん本当にお疲れ様でした。

さて、今年も合格率を整理してみることにしました。結構労力がかかる作業なので、建設部門の合格率のみの整理としました。ただし、昨年は受験申込者数や受験者数の推定精度がもう一つでしたので、今回はちょっと工夫を加えました。

今回加えた工夫1
筆記試験はおよそ6人に1人が合格するので、受験申込者数を推定する際に、単に各会場の合格者受験番号の最大値を足すのではなく、そのうしろに平均3人ずつ受験者がいるだろうと考えて、(各会場の合格者受験番号の最大値+3)の総和を推定受験申込者数としました。

今回加えた工夫2
H18に比べてH19の受験率は大幅に上昇したこと、科目毎に受験者の傾向が異なることを考慮して、昨年の科目別受験率(◆伸 砲鮨篦蠎験者数に乗じて推定受験者数を算定しました。

こうして推定した人数に、APECさんからいただいた建設部門全体の平均合格率に合わせて補正をかけました。結果は次の通りです。




建設部門全体の合格率は、昨年よりも0.8%下がりました。
科目別では、まず、昨年合格率15%未満だった3科目(土質基礎、鋼コン、河川砂防)は、すべて合格率が上昇しているようです。特に河川砂防については、このブログでもH20は上がるのか注目しましょう、なんてコメントのやり取りもありましたが、やはり大幅に上昇したようですね。一方、例年20%以上の高い合格率で推移してきた建設環境は、他の科目と同レベルまで合格率が低下したようです。
このあたりの変化は予想通りですね。やはり、科目間、部門間の合格率の調整というか、横断的に比較する目が入っていることは間違いなさそうです。昨年は科目間の合格率の差が15.6%(建設環境24.5%、河川砂防8.9%)もありましたが、今年は推定8%程度(港湾空港21%、河川砂防13%)と大幅に縮小しています。

それともう一つ、昨年の口頭試験の結果から、筆記試験で合格させすぎた科目は、口頭試験で厳しく落とし、逆に筆記試験で落としすぎた科目は、口頭試験でほとんどを合格させるという調整も入っているようでした。
普通に考えれば、今年の口頭試験もそのようになるでしょう。そういう視点でみると、港湾空港と鉄道の方はかなり厳しい口頭試験になると心しておかなければなりません。道路と都市計画の方も他の科目よりは厳しくなるだろうと考えておいたほうが良さそうですね。
いずれにしても、筆記試験を突破された方は、口頭試験で後悔することがないように、口頭試験までの期間を有意義に使ってください。残念ながら、筆記試験で涙を飲まれた方は、気持ちを切り替えて、来年にリベンジを果たしましょう!

修正したため、わかりにくくなっています。すみません。
イマジン * 技術士 * 20:54 * comments(11) * trackbacks(1) * - -

コメント

恒例の筆記合格率、いつも楽しみにしております。
調整されたのは確実のようですね。その結果、合格率が難化する方向へ調整されているのが注目すべきところでしょうか。

これから宮崎へ行ってきます。
Comment by ふるのぶ @ 2008/10/28 5:04 AM
ふるのぶさん、いつもありがとうございます。
私は数年間は合格率が徐々に低下していくだろうと見ています。
今年の建設部門はその傾向になりましたが、他部門(総監以外)は、H19:19.0%→H20:18.8%とほぼ横ばいでした。今後はどうなりますかね。
あと、口頭試験ですが、調整が入るのかどうかも見ておこうと思います。
Comment by イマジン @ 2008/10/28 7:11 AM
イマジンさん。お世話になります。
JENです。
試験結果ですが,片方はなんとか合格してました。
業務が多忙な時期に突入ですが,口頭試験まで
色々勉強して一山超えたいです。

もう一つの方は来年リベンジを誓います。
Comment by JEN @ 2008/10/28 8:55 AM
JENさん、いつもありがとうございます。
そして、筆記試験突破、おめでとうございます。
一年一つで十分ですよ。
口頭試験も頑張ってください。
Comment by イマジン @ 2008/10/28 8:28 PM
ここにコメントするのもどうかと思うのですが、トラックバックしていただいた「ランドスケープをしよう」管理人の宮川さん、初めまして。
ブログとプロフィールを拝見させていただきました。
すごいですねえ。私と同い年ですが、すでに技術士を5つお持ちで、さらに6つ目も今回の筆記試験を突破されたとは、驚きました。
ランドスケープということでは、ドイツの景観は素晴しいですよ。またのお越しをお待ちしています。
Comment by イマジン @ 2008/10/28 8:34 PM
イマジンさんへ
ブログへのコメントありがとうございます。APECさんの掲示板でイマジンさんのブログが紹介されていたので、私のブログでも紹介させて頂き、TBもさせていただきました。

私も同じ年の方で、これほどがんばられている人がいることを知り、大変嬉しく、またがんばらないといけないと感じています。

ランドスケープはドイツでは、ランドシャフトと呼ばれていますね。アメリカ発のランドスケープよりもより情緒的な意味合いも強く、日本の「情景」に近いように思います。
またすばらしいお話を伺えれば幸いです。こちらこそよろしくお願いします。
ありがとうございました。
Comment by ミヤガワ @ 2008/10/29 8:07 AM
ミヤガワさん、コメントをいただきありがとうございます。
ドイツの「ランドシャフト」もご紹介していければと思っています。
Comment by イマジン @ 2008/10/29 8:48 PM
イマジンさん ご無沙汰しております。勘介です。ドイツでの生活はいかがですか。私のいとこが、アウグスブルグに住んでおります。(在ドイツ30年くらいです)ドイツには26年前に新婚旅行で行ったきりですが・・・。
技術士試験の合格者数、合格率に関して、試験センターに聞いたのですが、なかなか教えてくれません。全体と建設の申込・受験者数と合格者数は、役職の特権を利用して聞いたのですが、それ以上は特権を使うことは私としても無理だと思っています。最終合格発表時には公表してもらえそうですので、そのときにはご連絡いたします。(APECさんの数字の出所は私です。)
Comment by 勘介こと神下 栄 @ 2008/11/04 10:55 AM
勘介さん、お久しぶりです。
技術士会の情報を提供いただきありがとうございます。
とりあえず各科目の合格率がどの程度だったかはわかりました。建設部門内では合格率が均一化されてきましたね。
ドイツは30年前も美しかっただろうと思いますが、今も自然が豊かで美しいですよ。円高でもありますし、もう一度旅行されるのもいいと思います。
Comment by イマジン @ 2008/11/05 2:34 AM
機械部門、電気電子部門の選択科目別筆記受験者数は、日本技術士会に電話で確認できました。技術士会○○部会の会員であることを述べた上ですが・・。筆記合格者数は、自分で数えましたが、建設部門は人数が多いですからね。そういうわけには・・(笑)IntPE
Comment by IntPE @ 2008/11/17 3:56 AM
IntPEさん、いつもありがとうございます。
私は建設部門の合格者数を自分で数えましたよ。
受験者数を数える(推定する)よりはずっと簡単です。
合格発表された受験番号を丸々コピーして、エクセルにペーストするだけです。一番最後が何行になっているかをみれば、合格者数がわかります。
Comment by イマジン @ 2008/11/18 6:36 AM
コメントする









トラックバック

技術士筆記試験発表とWEB発表の混乱

昨日、技術士二次試験の筆記試験合格発表でした。 私はなんとか無事に合格 (写真のおやつは、自分へのご褒美として買ったデザートです) そういう訳で今年も東京で口頭試験チャレンジします。 今年は、息子のアイデアコンテストのプレゼンにもついて行くので、
From 「ランドスケープをしよう」管理人ブログ @ 2008/10/28 12:05 PM
このページの先頭へ